睡眠剤より栄養補給を優先すべきということ

睡眠不足やぜんぜん寝られなくて睡眠薬を使う人など、人によって睡眠の質は違います。以前私は台湾に住んでおりまして、台北の湿度や40度近くにまでなる気温によって睡眠不足の傾向がありました。なんとか改善できないものかと思い、いろいろ考えました。そこで漢方の知識を利用することにしました。台湾では漢方医というのが日本と比べてかなり一般的で西洋医学と同じくらい利用されています。たまたま日本人の同僚が良い漢方医の医者さんを紹介してくれ、そこに足を運びました。医者さんはまず脈拍を見てくれて、その後処方してくれる漢方説明をしてくれました。まず睡眠不足には5種類の漢方薬が有効とされています。まず1つ目はクルミ。滋養強壮の効果があり黒ゴマと砂糖を入れて煮だして飲む。2つ目は干し龍眼。物忘れや不眠に効果的。

煮だしてもいいしそのまま食べても効果的。3つ目は蓮の実。正しい睡眠の手助けをしてくれる。お湯と砂糖で煮だして飲むと効果的。4つ目は百合。動機や不眠、精神不安などに効果的。これもお湯と砂糖で煮だして飲む。5つ目はタイソウ。タイソウとは棗の事でさまざまな成分が含まれており、栄養補給、精神安定などの効果があります。漢方の説明の後になるべく運動を週に3回やりなさいと言われました。漢方医によると不眠のみならず体の中から改善して治していくということがわかりました。これにより睡眠不足は解消されその後、健康的な日々が送れるようになりました。

睡眠対策として「ツボ押し」を伝授しましょう

大げさでもなんでもなく、人間にとって睡眠って一番大切な要素だと思うんですよね。だって、よくよく考えてみると、人間は1日のうちの3分の1を睡眠に充てているじゃありませんか(8時間睡眠と仮定して)。つまりは、人生のうちの3分の1は眠っているわけでして、それを考えると、いかに睡眠が重要な要素であるかを実感しますよね。というわけで、私は睡眠にはそれなりに気を遣うようにしているのです。さて、具体的にどういった睡眠対策を講じているかと言いますと、それはずばりツボ押しです。人間の身体上には無数のツボが存在しますが、その中にはなんと睡眠を司るものもあるのです。

例えば、踵の辺りに位置する「失眠」なんかは、即効性が期待できるのでオススメですよ。入浴後に失眠をグリグリっと刺激してやると、心身共にリラックスしてきて、スーッと眠りにつくことが出来ます。で、そのまま眠りにつけば、朝までグッスリ。一度も目覚めることなく、質の高い睡眠を摂ることが出来るのです。目覚めもバッチリで、「さ、今日もがんばるぞ!」みたいな、そんなポジティブな気持ちが湧いてくることでしょう。とまあ、このようにツボ押しは睡眠に大変効果的なので、日々の健康法として重宝しています。

眠れない日がある時の過ごし方

私は常に睡眠不足です。その理由は夜寝れないためです。寝れる日もあるのですが、寝れない日の方が大半です。寝れる日は自分である程度わかります。それは、体が適度に疲れており、そして布団に入るなり目が重たくなるからです。しかし、そうでない日は最悪です。布団入って目を閉じてもまったく眠れないのです。もちろんじっとして目を瞑るのですがそれでも睡魔はきません。睡魔が来ない場合、私は何も考えないように心がけるのですが、それでも頭の中に何かが浮かんできて考え事をしてしまうのです。そのサイクルが続くと明け方まで眠れない状態となるのです。

眠れない日と眠れる日がどうしてあるのか私には分かりませんが何とかその原因が分かれば対策を打ちたいと考えております。しかし現時点その対策は見つかっておらず、私は夜の時間を有効に使えるときと使えないときとで苦しんでおります。そして眠れるときは十分寝るように心がけているのです。そして夜寝れない状態にならないよう、昼間も極力寝ないようにしております。昼間に寝てしまうと確実に夜眠れません。次の日に何もなければ問題ないのですが、そうでない場合は最悪となるからです。日々寝れるよう訓練しておりますが、現在1ヶ月に3割程度、寝れない日があります。