最新の目覚まし時計事情で朝シャキ!

経験から言いますけれど、「目覚まし時計」があるのとないのとでは、やはり目覚めが大きく変わってきますよ。現代では、携帯電話のアラーム機能が目覚まし時計代わりだという人も多いですが、しかし私はやはり「目覚まし時計」という時計があってこそ、目覚められると感じています。最近は「光」で目を覚まさせるという特殊な時計も売られています。

「目覚まし時計」という物が枕元に存在しているということが重要なのです。私の場合、「目覚まし時計」が枕元に存在していることによって、気持ちの中でプレッシャーがかかるせいなのか、すっきりと起きられますからね。目覚まし時計からのアラーム音が鳴る前に。

どうにもこうにも不思議なことなのですが、私は小学生ぐらいの頃から、目覚まし時計をセットした時は、目覚まし時計のアラーム音が鳴る前に目覚めるのです。おそらく、「目覚まし時計をセットした」ということによって、気持ちにプレッシャーがかかるからでしょうか。せっかく目覚まし時計をセットしても、その音では起きなのですよね。そして自主的に目がさめるという。

けれども目覚まし時計をセットしていないと、目覚まし時計が鳴る前になんて目覚めませんからね。ですからやはり、「目覚まし時計をセットする」ということで、気持ちにプレッシャーがかかって、そしてすんなりと目覚めることができるのでしょう。ちなみに、眠れていないわけではないですから。

光目覚まし時計おすすめ比較サイト
私も調べてきてわかったのですが、光目覚まし時計って色々あるんですね。さすがに高いので医者が勧めるだけあるなとは思いますが。

3回の目覚まし時計より光を浴びることで朝シャキ!

朝起きるのがとても苦手な私ですが、そんな私が朝目を覚ますためにしていることは、目覚まし時計を3回鳴らすことです。

小さい頃から朝起きる時に二度寝をする習慣が身に付いてしまって、大人になった今でもなかなか治すことが出来ません。

特に布団から出づらい季節である冬の季節になると、目が覚めてすぐに布団から出ることが出来ないのです。

なので目覚まし時計を1回しかセットしていないと、一度起きてもまた寝てしまう恐れがあるので、複数回鳴らないといけないと思いました。

目覚まし時計といっても3回鳴らすために3つの目覚まし時計を用意しているわけではありません。

スマホの目覚ましの機能を使って3回鳴らしています。

スマホの目覚まし時計だと、アラームを鳴らしたい時間帯を複数希望出来るので、例えば1回目は朝6時に、2回目は6時5分に、3回目は6時10分にというように複数希望が出来るのです。

この機能を使うことで、何度もアラームを鳴らして徐々に起きるようにしています。

そして朝起きたらすぐにトイレに行って、顔を洗って、歯磨きをします。

これをしているだけで眠たい気持ちはあるものの、だんだんと頭が冴えてきて心身ともに起きることが出来ます。